上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--|スポンサー広告||TOP↑
これは備忘録です。

パッケージエクスプローラ=>プロジェクトを右クリック=>エクスポート

javaの下のjarファイル選択=>次へ

エクスポート対象プロジェクト選択=>エクスポート先を選択(jarファイル名まで指定)=>完了ボタン


ところで、使用している外部jarを全て取り込みたいときは、

実行可能形式のjarでエクスポートしてください。

これが大事です。



スポンサーサイト
2012.06.25|パソコンな日々コメント(0)TOP↑

本番時、webサーバの前にプロキシがいて、

特殊ヘッダが付与されwebサーバに届くケースでは、

テスト時下記の環境を構築する必要があります。

しかし、iモードHTMLシミュレータ2(i-modeシュミレータ2 とか iモードシュミレータ呼ばれているようだが)

の設定にも工夫が必要で、注意をしないとさっぱりつながらないという事態に陥ります。


☆環境 windows7(xpでも全然大丈夫)
一台のPCでテストをすることを想定して各設定を記述します。

 iモードHTMLシミュレータ2
     ↓
 Proxomitron(いわゆるプロキシ 特殊ヘッダはここで付与します。)
     ↓
 eclipse(tomcat6.0)


1. iモードHTMLシミュレータ2
プロキシの指定を下記の要領で設定します。
ここが大事です。


ブラウザ=>オプション設定=>ネットワーク設定タブ

hostsファイルを参照するにチェックします。

ネットワーク設定を手動で行うにチェックします。

プロキシを使用するにチェックします。

アドレスに 127.0.0.1を設定します。<=== これです ここが大事です。これ以外は動かない。

httpポートに Proxomitronで設定したポートを指定します。今回は8081を使用します。

httpsポートに今回は8081を設定します。

これで大丈夫です。


2. Proxomitronの設定をします。

特殊htmlヘッダを、ヘッダボタンを押して追加してください。
out/inにチェックを忘れないでください。

設定ボタンを押して、httpタブでプロキシポート番号を指定してください。
今回は8081を使用しています。

設定ファイルの保存をしてください。

3.他に注意すること。

当然ファイアウォールは外しておいてください。

セキュリティソフトも当然ファイアウォールと同じことをしていることがあるので、
問題がでないよう使用ポートを開けておいてください。



さあ皆さん頑張ってテストしてください。




2012.06.21|ドコモな日々コメント(0)TOP↑
とにかく大変な事態だ。
だから、oracleのアカウントでログインして、
下記のオペレーションをするんだ。汗かいたなぁ。

> sqlplus /nolog
SQL> connect / as sysdba
SQL> select * from DBA_USERS;
でアカウントを解除したいユーザーのACCOUNT_STATUSがEXPIRED & LOCKEDになっていることを確認

SQL> alter user アカウントを解除したいユーザー名 account unlock;
SQL> select * From DBA_USERS;
ででアカウントを解除したいユーザーのACCOUNT_STATUSがEXPIREDになっていることを確認

SQL> quit
で一度接続をきる

他にも



2012.06.07|パソコンな日々コメント(0)TOP↑

tomcat6.0で、リクエストパラメータに漢字のデータが指定されるとき、
文字化けが発生する。

urlencodeされたデータがdecode後、コード変換がされていないため発生。

server.xmlに下記の設定を入れることで回避が可能です。
<Connect port="11215" protocol="AJP/1.3" redirectPort="8443" useBodyEncodingForURI="true" />


2012.06.04|パソコンな日々コメント(0)TOP↑
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
管理人のブログ一覧
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

やまもも実験室

Author:やまもも実験室
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。