ブロガーの実験室スポンサー広告
> ORACLE ODP デバッグトレース> ブロガーの実験室パソコンな日々
> ORACLE ODP デバッグトレース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--|スポンサー広告||TOP↑
ODP.NETではデバッグ・トレースをサポートしています。これにより、ODP.NETのすべてのアクティビティをトレース・ファイルに記録できます。複数のレベルのトレースを使用できます。

プロバイダは次の情報をログに記録できます。

    *

      ODP.NETパブリック・メソッドの開始および終了情報
    *

      ユーザー指定のSQL文およびプロバイダにより変更されたSQL文
    *

      登録および登録解除などの接続プーリング統計情報
    *

      スレッドID(開始および終了)
    *

      HAイベントおよびロード・バランシングの情報

呼出しのトレースのためのレジストリ設定

次に示すレジストリ設定は、次の場所に構成してください。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\ODP.NET\Assembly_Version

ここでは、Assembly_VersionはOracle.DataAccess.dllの完全なアセンブリ・バージョン番号です。
TraceFileName

TraceFileNameの有効値には、任意のパス名およびファイル名です。

TraceFileNameは、トレース情報のロギングに使用されるファイル名を指定します。 TraceOptionが0に設定されている場合、名前はそのまま使用されます。ただし、TraceOptionが1に設定されている場合は、指定されたファイル名にスレッドIDが付加されます。

参照:
TraceOption

TraceLevel

TraceLevelの有効値は次のとおりです。

    *

      0 = なし
    *

      1 = 開始、終了およびSQL文の情報
    *

      2 = 接続プーリング統計情報
    *

      4 = 分散トランザクション(登録および登録解除)
    *

      8 = 非管理例外におけるユーザーモード・ダンプの作成
    *

      16 = HAイベント情報
    *

      32 = ロード・バランシング情報

TraceLevelは、ODP.NETのトレース・レベルを指定します。すべてのオブジェクトの開始および終了呼出しをすべてトレースするとデータが大量になる可能性があるため、プロバイダの特定領域にトレースを限定するためにTraceLevelが提供されています。

複数のオブジェクトのトレースを取得するには、有効値を加えるだけです。たとえば、TraceLevelが3に設定されている場合、開始、終了、SQLおよび接続プーリングに関するトレース情報がログに記録されます。

ユーザーモード・ダンプの作成には、dbghelp.dllバージョン5.1.2600.0以上が必要です。
TraceOption

TraceOptionの有効値は次のとおりです。

    *

      0 = 単一のトレース・ファイル
    *

      1 = 複数のトレース・ファイル

TraceOptionは、トレース情報を1つのファイルに記録するか、スレッドごとの複数のファイルに記録するかを指定します。単一トレース・ファイルを指定した場合は、TraceFileNameに指定されたファイル名が使用されます。複数トレース・ファイル・オプションが要求された場合は、指定されたファイル名にスレッドIDが付加され、スレッドごとにトレース・ファイルが作成されます。

2009.09.16|パソコンな日々コメント(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
管理人のブログ一覧
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

やまもも実験室

Author:やまもも実験室
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。