ブロガーの実験室スポンサー広告
> Windows Server 2008 R2のリモートデスクトップサービス機能トップ10(その1)> ブロガーの実験室パソコンな日々
> Windows Server 2008 R2のリモートデスクトップサービス機能トップ10(その1)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--|スポンサー広告||TOP↑

 現行のWindows Server 2008では、ターミナルサービス(TS)は機能面で従来より高い要求レベルに対応すべく開発された。

 このバージョンで、Microsoftが長年提供してきたリモートアクセスソリューションにはさまざまな新機能が追加され、このソリューションが多くの企業に選択されるのに貢献した。

 しかし、Windows Server 2008のアップグレードされたTSでは、RemoteApp、Webアクセス、TSゲートウェイによるインターネット経由での安全なリモート接続といっ た機能強化が施されたが、このTSはダイヤの原石だと考える人が多かった。つまり、まだ粗削りな部分があったのだ。

 Windows Server 2008 R2では、TSはリモートデスクトップサービス(RDS)に名称変更され、そうした部分の多くが解消されるとともに、多数の新機能が盛り込まれている。

 以下では、Windows Server 2008 R2のRDSで最も魅力的に進化した10の機能のうち8つを紹介しよう。

10. RemoteAppのユーザー別フィルタリング

 従来のTSでは、動的Webページでユーザーがダブルクリックでアプリケーションを起動できるTS Webアクセス機能が提供されてきた。

 この機能はアプリケーションを見つけるのに非常に便利だが、管理者はユーザー名やグループでアクセスを制限できない。Windows Server 2008 R2のRDSのリモートデスクトップWebアクセス(RD Webアクセス)では、この制限が行えるようになっている。

9. RD Webアクセスでの複数ホストのサポート

 TS Webアクセスには、単一のターミナルサーバか同じ構成のサーバのファームによるデータソースからしかアプリケーションの一覧が作成できないという制約があった。このため、アプリケーションセットが異なる複数のサーバをデータソースとし、それらのアプリケーションが集約された形で一覧を作成するのは困難だった。

 Windows Server 2008 R2では、1つのRD Webアクセスサーバが複数のリモートデスクトップサーバまたはファームに接続できる。

8. PowerShellによる管理

 Microsoftは、PowerShellによる管理の対象範囲の拡大を引き続き推進しており、リモートデスクトップのほとんどの構成をPowerShellで完全に操作できるようにしている。

 この機能とPowerShell 2.0のリモーティング機能を組み合わせることで、コマンドラインを使ってリモートデスクトップ管理を大幅に自動化できる。

7. ローミングプロファイルのキャッシュ管理

 従来のターミナルサーバは、ローカルプロファイルが多過ぎると動作が鈍くなる傾向があった。また、これらのプロファイルはアプリケーションに必要な貴重なHDD容量を消費する。

 Windows Server 2008 R2では新しいグループポリシー設定により、古くなったプロファイルを自動的に削除し、プロファイル全体のサイズを指定した値より小さく抑えられる。

6. RDSを意識したWindowsインストーラ

 アプリケーションをインストールして機能させるのは、TSで最も厄介な問題の1つだった。TSではマルチユーザーアプローチからアプリケーションインストールの枠組みが通常とは異なっており、Windowsインストーラでサポートされていなかった。

 Windowsインストーラに組み込まれたWindows Server 2008 R2の新機能により、RDSではアプリケーションのインストールが容易になっている。

5. リモートデスクトップのIP仮想化

 ターミナルサーバ上のアプリケーションには機能するのに特定のIPアドレスを必要とするものもあれば、インスタンスごとに別々のIPアドレスが必要なものもある。

 Windows Server 2008 R2では、必要に応じてユーザーごとに固有のIPアドレスを生成できる。

4. RemoteAppとデスクトップ接続

 これまでMicrosoftのリモートデスクトップクライアントは、WindowsデスクトップOSにインストールされた独立したアプリケーショ ンのようだった。デスクトップやRemoteAppを起動するには、そのアプリケーションリンクが共有フォルダ、Webページ、ローカルディスクのどこに 置かれているかを知っていなければならなかった。

 「RemoteAppとデスクトップ接続」ではそうではない。Windows 7のこの新しいクライアント側の機能により、RemoteAppとデスクトップは、ローカルのデスクトップOSにシームレスに統合され、従来より簡単にアクセスできる。

3. フェアシェアスケジューリング

 1人の熱心過ぎるユーザーがCPUパワーを占有している──そんな状況を見たことがあるはずだ。

 Windows Server 2008 R2のフェアシェアスケジューリングでは、どのユーザーもリモートデスクトップサーバ上の利用可能なCPUリソースの一部しか利用できないという制限を受 ける。ユーザーが利用するCPUリソースがその上限量に達しても、同じサーバのほかのユーザーによるリソース利用に影響はない。

 以上の8つの進化した機能は優れものだが、次回以降に紹介するWindows Server 2008 R2のRDSの目玉となる2つの新機能に比べれば物の数ではない。お楽しみに。



2009.10.07|パソコンな日々コメント(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
管理人のブログ一覧
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

やまもも実験室

Author:やまもも実験室
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。