ブロガーの実験室スポンサー広告
> 仮想ハードディスクを使ってWindows 7のマルチブート環境を構築する> ブロガーの実験室パソコンな日々
> 仮想ハードディスクを使ってWindows 7のマルチブート環境を構築する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--|スポンサー広告||TOP↑

仮想ハードディスクを利用して、1台のPC上に複数のWindows 7を簡単に、かつ時間をかけずにインストールする方法を紹介する。

 Microsoft Windows 7を試用しているうちに、この新OSを複数個用意しておき、さまざまなコンフィギュレーションや設定、アプリケーションの組み合わせをテストしたいと考えるようになる人も多いはずだ。こういったテスト環境を構築するために複数のマシンを用意し、Windows 7インストールしておくというのもよいが、1台のPC上に複数のOSを簡単に、かつ時間をかけずにインストールしておく方法があれば素晴らしいのではないだろうか?

 これを読んで、そんなアイデアは以前からあると考えている方も多いことだろう。確かに、デュアルブートシステムを構築したり、Windows Virtual PCを利用することで簡単に複数のWindows 7環境を1台のPC上に構築することができる。しかし、これら2つのやり方を組み合わせることで、デュアルブートの ためのディスクパーティション分割を行うことなく、かつWindows Virtual PCのような仮想管理システムを別途使用することもなく、双方のメリットを享受できるとすればどうだろうか?そしてこの場合、何よりも嬉しいことに、仮想 化の対象はハードディスクのみであるため、ハードウェアの持つすべてのパワーをフルに活かすことができるのだ!

 最近筆者は、MicrosoftがVHDからWindows 7を起動できるようにするためのさまざまなテクニックを提供しており、これを利用することでデュアルブートのような起動設定が可能になるということを知った。こういったテクニックとは、Windows 7のWindows Image Format(WIM)ファイルをVHDに変換したり、Sysprepを用いて既存のWindows 7をVHDに複製したり、Windows 7のDVDとDiskPartコマンドラインユーティリティを用いてVHDを作成するといったものである。

 これらのテクニックのいずれを選択するのかは、あなたの手持ちのリソースによって異なってくる。Windows 7のWIMファイルを持っている、あるいは既にWindows 7の VHDファイルがあるという場合、前者2つのテクニックのいずれでも簡単に利用できるはずである。また、どちらのファイルも持っていないという場合でも、 3つ目のテクニックを利用することができる。いずれのテクニックも、必要な手順さえ知っていれば比較的簡単に実行できるものとなっている。

 本記事では、仮想ハードディスク(Virtual Hard Disk:VHD)を用いることで、Microsoft Windows 7のテスト環境を複数個用意する方法を紹介している。これにより、時間とお金を節約するとともに、イライラを減らすことができるはずである。

 本記事では、Windows 7のDVDとDiskPartユーティリティを用いてVHDを作成する方法を説明する。(他のテクニックについては、今後採り上げる予定である。)

注意

 VHDのこういったテクニックを実行するにあたり、いくつかの制限事項があるということを知っておいてもらう必要がある。まず最初に、このテクニックは、既存のWindows 7上での適用が前提となっている。(Windows Vista上でも実行できるはずだが、ブートマネージャをWindows 7のものに置き換える必要がある。ただし、筆者自身はまだ実際に試していない。)2つ目に、VHD上ではハイバネーションを使用することができない。3つ目に、BitLockerで保護されているWindows 7システムのVHDから起動することはできず、VHDにBitLockerを適用することもできない。

 (現時点において筆者は、こういったテクニックがWindows 7のProfessionalエディションとUltimateエディション、Enterpriseエディションでのみ利用可能になると考えている。)



最初に

 上記で述べたように、このテクニックは既存のWindows 7上 での適用が前提となっている。まず、VHDを作成する場所となるフォルダを作ることになる。アクセスの利便性を考え、このフォルダの場所はドライブのルー トディレクトリ直下にしておくのがよいだろう。例として紹介する筆者のシステムでは、C:ドライブのルートディレクトリの直下に「win7vhd」という 名前でフォルダを作っている(図A)。

図A 図A まず最初に、VHDを作成する場所となるフォルダを作っておく。

 次に、Windows 7のDVDをドライブに挿入し、システムを再起動する。システムがDVDから起動した後は、普段通りに画面の指示に従えばよい。そして[今すぐインストール]ボタンのある画面が表示されたところで、[コンピュータを修復する]をクリックする(図B)。

図B 図B 「今すぐインストール」画面に到達したら、[コンピュータを修復する]をクリックする。

 次の画面がロードされている間にShiftキー+F10キーを押下し、コマンドプロンプトウィンドウを開く。

DiskPartユーティリティ

 コマンドプロンプトウィンドウが開いたところで、DiskPartユーティリティを用いてVHDファイルの作成および準備を行うことになる。な お、DVDからシステムを起動し、コマンドプロンプトウィンドウを開いた場合、ホストのハードディスクのドライブ文字は1つ後ろにずれるということに留意 してほしい。筆者のシステムを例に挙げると、PC内蔵のハードディスクを表すドライブ文字がC:からD:へとずれることになる。このため、以下では 「win7vhd」フォルダへのパスとしてD:というドライブ文字を指定している。

 以下の手順に従い、VHDファイルの作成および準備を行う。

  1. DiskPartを起動するためのコマンドを入力する。
    diskpart
  2. DiskPartユーティリティが起動したのであれば、以下のコマンドを入力し、「win7」という名前の20Gバイトまで拡張可能なVHDファイルを作成する。
    create vdisk file="d:\win7vhd\win7.vhd" type=expandable maximum=20000
  3. 次に、以下のコマンドを入力し、仮想ディスクを選択する。
    select vdisk file="d:\win7vhd\win7.vhd"
  4. 最後に、以下のコマンドを入力し、仮想ディスクをアタッチする。
    attach vdisk

 図Cは、上記のすべての手順を実行した直後の画面である。

図C 図C 各コマンドの実行毎に、完了メッセージが表示される。

VHDへのWindows 7インストール

 VHDが作成できたのであれば、そのVHDにWindows 7インストールすることになる。まず、「Exit」と入力してDiskPartユーティリティを終了させた後、コマンドプロンプトウィンドウの[閉じる]ボタンをクリックする。また、「システム回復オプション」ウィンドウが開いているのであれば、[閉じる]ボタンをクリックする。

 図Bのインストール画面に戻ったのであれば、[今すぐインストール]ボタンをクリックする。そしてインストールウィザード画面でライセンス条項に同意し、[カスタム(詳細)]インストールを選択することでインストールを進めていく。

 Windowsのインストール場所を選択する画面では、新たに作成したVHDを選択する。これは未割り当て領域となっており、そのサイズは先にDiskPartユーティリティで指定した値となっている。VHDを選択すると、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません」という警告メッセージが表示される。[詳細の表示]をクリックすると、問題についての詳細な説明が表示される(図D)。

図D 図D 「このディスクにWindowsをインストールすることはできません」という警告メッセージが表示されるものの、この警告は無視して構わない。

 Windowsをこのディスクにインストールすることができないという警告がインストールウィザードによって表示されるが、無視して作業を進めても問題ない。実際、VHDへのインストールはこれ以降、通常のディスクの場合と同様にどんどん進み、数回の再起動を経て完了する。

VHDの起動

 Windows 7を再起動すると、Windowsブートマネージャのメニューが表示され、2つのWindows 7システム(システム名はインストールウィザードによって命名されるため、同じ名前になっている)が選択できるようになる(図E)。なお、VHD上のシステムは後からインストールされたものであるため、デフォルトのOSとして先頭に表示される。

図E 図E Windows 7システムを選択する。

 システムの名称を変更したり、デフォルトの起動順序を変更するには、BCDEditコマンドを使用する。システムの名称を変更するには、該当システムを起動して、管理者コマンドプロンプトを表示させ、以下のコマンドを実行する。

BCDEdit /set description "新しいシステム名"

 例えば、VHD上のシステムを起動した後、以下のようなコマンドを実行するわけである。

BCDEdit /set description "Windows 7 VHD"

 デフォルトの起動順序を変更するには、デフォルトに設定したいシステムを起動し、以下のコマンド実行する。

BCDEdit /default {current}

 



2009.10.08|パソコンな日々コメント(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
管理人のブログ一覧
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

やまもも実験室

Author:やまもも実験室
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。