ブロガーの実験室スポンサー広告
> タイムゾーンを意識して日本日付に直そう> ブロガーの実験室パソコンな日々
> タイムゾーンを意識して日本日付に直そう
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--|スポンサー広告||TOP↑
http://www.hellohiro.com/timezone.htm

世界のタイムゾーンの現在の 時刻を取得(DateFormatを使用)
java.text.DateFormatクラスを使用して、日本の東京、アメリカのLos Angeles、イギリスのLondonの3つの現在の時刻を表示してみたいと思います。
■ソースコード
ShowWorldTime.java(ここからダウンロード)
import java.util.*;
import java.text.*;

public class ShowWorldTime {
  public static void main(String[] args) {
    // 現在の日付を取得
    Date date = new Date();
    // 日付のデフォルトのフォーマットを取得
    DateFormat df = DateFormat.getDateTimeInstance();

    TimeZone tz;
    /** 東京のタイムゾーンを取得 **/
    tz = TimeZone.getTimeZone("Asia/Tokyo");
    // 日付の表示フォーマットにタイムゾーンを設定
    df.setTimeZone(tz);
    // 表示
    System.out.println(tz.getID() + " [" + tz.getDisplayName() + "]:" + df.format(date));

    /** Los Angelesのタイムゾーンを取得 **/
    tz = TimeZone.getTimeZone("America/Los_Angeles");
    // 日付の表示フォーマットにタイムゾーンを設定
    df.setTimeZone(tz);
    // 表示
    System.out.println(tz.getID() + " [" + tz.getDisplayName() + "]:" + df.format(date));

    /** Londonのタイムゾーンを取得 **/
    tz = TimeZone.getTimeZone("Europe/London");
    // 日付の表示フォーマットにタイムゾーンを設定
    df.setTimeZone(tz);
    // 表示
    System.out.println(tz.getID() + " [" + tz.getDisplayName() + "]:" + df.format(date));
  }
}
 


2010.06.29|パソコンな日々コメント(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
管理人のブログ一覧
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

やまもも実験室

Author:やまもも実験室
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。