ブロガーの実験室スポンサー広告
> 京都の学生プログラマのための開発ラボ「Knowledge Database Labs」の開設> ブロガーの実験室DreamNews
> 京都の学生プログラマのための開発ラボ「Knowledge Database Labs」の開設
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--|スポンサー広告||TOP↑

私の仕事は、ソフトウェア開発(受託開発中心)ですが、
この仕事を選んだのは、たまたまで、業界自体がまだ
産声を上げ始めた頃で、時流に乗っていままでやってこれました。

このソフトウェア業界で必要とされる人は、
・普通の人であること(決してオタクではない)
・人への思いやりがもてる人。
・人の気持ちをくめる人。

つまり、人とコミュニケーションの取れる人である事が必須条件です。

この他に必要なことは、
・専門的なグラフィック系。
・業務に特化した知識。

等数え上げればきりがないのですが、それは、最初から知っている人は
皆無なので、仕事で相手とコミュニケーションをとりながら磨いていく訳です。

とどのつまり、コミュニケーション力があれば、どんどん成長していける訳です。

さて、今回、ナレッジデータベースが、
・学生プログラマの開発技術を磨くための
・コミュニティとして
・最新のITビジネスと学生のプログラマ達のマッチング

を目的に、京都大学そばに「Knowledge Database Labs」
を開設したとの記事を見掛けました。

もし、私が大学生の時(もう30年ぐらい前の話しですが)、
ナレッジデータベースのラボがあり、そこでアルバイトをしていたのであれば、
より特化した、自分にあったソフトウェア業界の各分野を体験し、
積極的にその分野へ道を選ぶ事が出来ただろうと、感じました。

経験と、実益を兼ねての社会勉強のできる場が設けられたことは、
実際にソフトウェア業界にすすまなくても、一つの社会勉強として
学生の間に一度は足を運び、経験しておく必要があると思います。

何故なら、情報システムは、経営は分離できないほど重要性が増していて、
その実情を体験できる良いチャンスだからです。

京都の学生は一度足を運びましょう。



2007.12.11|DreamNewsコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ検索
管理人のブログ一覧
管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
プロフィール

やまもも実験室

Author:やまもも実験室
FC2ブログへようこそ!

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。